Month: June 2019
島根県におけるAGA病院ランキングで上位の病院

男性型脱毛症であるAGAは進行型の症状であるため、できるだけ早めに治療を開始すると、進行を遅らせたり、通常の毛が生えてくるようになります。 鏡で見たり、手で頭の部分を触ってみた時に、何となく毛が薄くなっているのに気づいたら、病院で診断してもらうことが大切です。 AGA専門の病院は東京や大阪などの大都市に集中しているため、島根などの地方には、そう多くの病院はありませんが、ネットの病院ランキングなどを参考にすれば、島根県内においても病院を探すことが可能です。 島根県における病院ランキングで、よく上位にあげられているのが、島根県松江市にある「東京美容外科メンズ専科松江院 」です。 4ヶ月から半年程度の治療期間において、発毛実感率が99%を超えるほどの評判を持った病院です。 島根県内では、薄毛やAGA専門として唯一の病院であるのも特徴です。 治療の流れとしては、まず無料のカウンセリングから開始します。問診票に記入し、専門スタッフによる説明や質問などが行われます。 治療内容や料金などに納得がいけば、病院での治療が始まります。頭部の写真を撮ったり、医師が頭部や身体の状態を確認します。希望とあれば、血液検査も利用できます。 その後は外用薬や内服薬などを処方し、1ヶ月ごとに経過を観察するために通院をするようになります。 この他にも最先端の、AGA幹細胞再生治療などが利用できます。 病院ランキングでは、ここ以外にも、佐藤内科医院やKAZUKIプライベートクリニック、たかお皮フ科クリニックなどがランクインしています。 通いやすい場所にあったり、治療内容、口コミでの評判などをよく見比べて、自分に合ったAGA治療ができる病院を選んでみましょう。

2019年06月24日
AGAと呼ばれ始めたのはいつから?

AGAという名称が市民権を得る今、その始まりはいつからなのかと疑問に思う人も居るでしょう。 AGAを語るうえで欠かせない治療薬であるプロペシアから見ると、AGAという名称がいつからよばれ始めたのかがわかります。 まずプロペシアが、なぜ男性型脱毛症の改善する治療薬になったのかというと、もともとこの薬は前立腺肥肥大の治療薬として用いられていました。 前立腺肥大の患者さんが服用していると、頭髪が濃くなったという副作用から、男性型脱毛症の治療薬として開発されました。 それは1991年から1992年になります。 それから1997年にアメリカ食品医薬品局が、AGA男性型脱毛症の治療薬として認定しました。 このあたりからAGAと呼ばれるようになりました。 また日本では、厚生労働省がプロペシアを承認し発売されたのが、2005年になります。 よって日本ではこの年から本格的にAGAが認知され始め、世間に呼ばれるようになった歳になります。 歴史が浅いことがわかるでしょう。 AGAとして認知されましたが、プロペシアはクリニックで処方されるのは、すべて自己負担となります。 AGAであることを診断してもらい、治療薬の処方から、再診料まで自己負担になりますので、費用が掛かる治療です。 また治療薬を服用し続けなければならないといった制約もありますので、費用の面はある程度覚悟する必要があります。 しかし以前のような効果があるのかどうかという疑い深い育毛剤や発毛剤とは違い、医学会でも薄毛に効果があると認められた医薬品になっています。 確かに高額になりますが、効果がある医薬品になりますので、気長に効果出ることを楽しみながら服用し付けることをおすすめします。

2019年06月08日