• ホーム
  • AGA治療薬のジェネリックが処方される池袋クリニック

AGA治療薬のジェネリックが処方される池袋クリニック

2019年11月30日

AGAは脱毛症の中でも男性型脱毛症と呼ばれ、その名前の通り男性ホルモンが関係して発症します。
男性ホルモンといっても、体内ではいろいろな種類が生成されています。
その中で、AGAに関係しているのはテストステロンです。
テストステロンは思春期以降の男性の体内でたくさん作られ、男性らしい体つきを作るのに働きかけます。

このテストステロンが直接AGAを起こすのではなく、酵素が働くことで変換されるジヒドロテストステロンが脱毛の原因になります。
ジヒドロテストステロンは毛根にくっつく性質を持っていて、さらに毛周期のモードを休眠期や退行期に変えてしまいます。
すると、せっかく生えた若く新しい髪が成長する前に抜けたり、成長が止まって細いままになったりするため見た目の脱毛が進むのがAGAが起きる仕組みです。

そこで、病院でのAGA治療では、テストステロンからジヒドロテストステロンが作られるときに作用する酵素の働きを遮断する薬が使われます。
この薬は5α還元酵素阻害薬というジャンルの薬で、ジェネリック薬も登場しています。

ここで薬には新薬とジェネリック薬があり、新しく開発されて市場に初めて出回る薬が新薬です。
新薬には製造特許があるので同じ薬を他メーカーが作ることはできないのですが、特許期間が過ぎると製造可能になります。

こうして新薬と同じ内容で他メーカーが製造する医薬品がジェネリック薬です。
ジェネリック薬の一番の特徴は、すでに開発されている薬なので製造にコストがかからず薬値が安いことです。
池袋には脱毛症特にAGAの治療に力を入れているクリニックがたくさんあります。
池袋はAGA治療のメッカと呼ばれている所以です。
新薬を使った治療はどうしても費用がかさんでしまい治療を続けることが困難になってしまう男性も少なくないのですが、池袋のクリニックにはジェネリック薬を扱うところも多いのでそんな男性にとって福音となっています。